プロフィール

概略

  • 1953年愛媛県八幡浜市生まれ。
  • 大阪千代田短期大学幼児教育学科卒業。
  • 光明幼稚園に勤務。川崎市に転居後、川崎市立東桜本 小学校勤務。
  • 日本共産党川崎北部地区団地マンション相談室長を務める。
  • 保育園父母会長、学童ホール父母会長、生田高校PTA役員を務める。
  • 市議会議員3期目。市議会まちづくり委員会(まちづくり局、建設緑政局)委員。 議会改革検討委員会委員。
  • 趣味は映画鑑賞、読書、家族は夫と1男3女、麻生区上麻生在住。

戦争のない社会、豊かな社会に向かって

私は、1953年に愛媛県八幡浜市で、きまじめなすだれ職人 の父親、仕事をしながら子育てに懸命だった母親の4人兄妹の末っ 子として生まれました。小中高と無遅刻無欠席で、高校時代の3年 間はクラス委員をまかされました。

戦争中や戦後の荒廃した時代、貧しい漁村で食べる物も十分でな い大変な暮らしをしてきた父と母の話を聞きながら育ちました。幼 心にも、戦争のない社会、豊かな社会の実現を望むようになっていきました。そして、平和を求め、社会をよくしていこうとする先輩や友人の姿をみて大学1年の時、日本共産党に入党しました。

幼稚園の先生になり、大好きな子どもたちと楽しく過ごす日々で したが、ワンマン経営の職場は健康保険もなく、有給休暇もない、 人として扱わないものでした。「これではよい保育はできない」と 労働組合を中心になってつくり、健康保険の加入や何もなかったおもちゃ・絵本などの備品をそろえることを実現しました。

上京し結婚。川崎で小学校教諭を経て日本共産党に勤務、10年 間団地マンション相談室長を務め、公営住宅の家賃減免などに尽力してきました。

働きながら4人の子どもを育てて

私の世代は、保育園・学童保育に子どもをあずけながら安心して 働くことができましたが、最近は若いお母さんから「川崎は保育園 もなく子育てしにくい」と切実な相談を受けます。また、お年寄り の方は「年金が減って生活が大変」「医療費が高くて病院に行けない」という悲痛な声が寄せられます。

税金のむだ遣いをやめさせ、福祉や教育、暮らしを大切にする市 政を何としても取り戻したい、母と子、お年寄りの願いを市政に届 けたい、緑豊かな麻生区の自然を残したいと訴え、07年に市 会議員に送り出していただきました。まちがったこと、おかしなことはただし、市民の願い実現のために、全力を尽くします。