活動レポート

海老名市の住宅リフォーム助成事業を聞き取り

2011年11月16日

PB16003010月から住宅リフォーム助成事業を行っているという海老名市に聞き取りに行ってきました。

市では、10万円以上のリフォーム工事等に対し、工事費の2分の1、上限12万円の助成が行われます。100件を目標に1080万円を9月補正で予算化しました。ところが、申請初日で、目標の100件の申し込みがあり、1000万円を超えてしまったため、急きょ予算を増やしました。

申請受付期間の10月17日~11月11日までの間に申し込みは、413件4500万円になったとのことです。12月補正では新たに、200件、2200万円を予算化するとのことでした。

取扱事業者は、223社、1社に偏らないように、募集期ごとに1社10件までとしているとのこと。平成24年度25年度は4月・7月・10月・1月の年4回申請受付を行うとのことでした。

20万~30万円のリフォームが多く、浴室、キッチン、洗面、トイレといった水回りのリフォームの要望が多いそうです。今回の助成事業では、工事総額約2億円で、3億円を超える経済効果が見込まれるそうです。(すごい!)

リフォーム助成事業の目的は「市民の消費を促すとともに、居住環境の向上を図り、地域経済の活性化を図る」となっています。

リフォーム助成を先に始めた相模原市、厚木市は、限度額が、5万円ですが、海老名市は12万円ということに驚きました。さらに、申請件数100件を超えても申請者すべて(413件)を受け付け、1080万予算を4500万円に引き上げたということにもおどろきました。

川崎でも海老名市のように、リフォームすることで、市民が長く住み続けられ、経済効果が見込まれるリフォーム助成事業をぜひ実現させたいと思います。