活動レポート

麻生地区消防出初式

2012年1月7日

「防災は、地域の絆と備えから」を標語に、麻生区の消防出初式が、麻生水処理センター あさおふれあいの広場で行われました。

今年は、正月1日から晴れた日が続き、今日も澄み渡った青空で、風が吹かなければ、ぽかぽかの上天気。

出初式では、永年にわたり、消防職務・勤務や、消防団活動・運営に尽力された方などが、表彰されました。消防部隊の分列行進、カラーガード隊の演技、その後、一斉放水が行われ、それは見事です。正月の風物詩として親しまれているゆえんです。

平成23年の麻生区の火災発生は37件で、昨年より6件減りました。原因は放火9件、こんろ4件、たばこ6件、火遊び8件、ストーブ4件、その他6件とのことです。ちょっとした油断で、大事となる火災。地域ぐるみで防火防災に取り組まなくてはと、気を引き締めました。