活動レポート

新春のつどい

2012年1月21日

DSC02610

日本共産党後援会の麻生区「新春のつどい」が、1月20日に行われました。今年は乾燥したお天気がずっと続いていましたが、この日は、初雪が降るほどのあいにくのお天気でした。出歩くのは大変だろうと思っていましたが、たくさんの方に来ていただきました。獅子舞や日本舞踊、バンドによる歌と演奏、寸劇もあり、大いに盛り上がり、楽しませていただきました。

はたの君枝衆院南関東ブロック比例候補からは、民主党政権による「社会保障と税の一体改革」は「一体改革ではなく一体改悪」であるという批判。国民の暮らしを浴してこそ、日本の経済を立て直すことができるとの話があり、私は、川崎市が、来年度から国保料、介護保険料、認可保育園の保育料を値上げしようとしている動きを告発し、許さない決意を報告しました。