活動レポート

宅地内雨水浸透ます設置補助金交付制度が開始されます

2013年4月1日

DSC03328

田畑や山林だった土地の宅地化により、雨水が地下に浸透する面積が減少しています。このまま減少が進むと、湧水の枯渇や平常時の河川流量の減少が心配されることから、このたび、市では宅地内の「雨水浸透ます」の設置費を一部助成する補助金交付制度を始めることとなりました。

交付金の補助対象は、①敷地面積500㎡未満での設置 ②「雨水浸透能力判断マップ」の可能区域内の設置。申請開始日は4月1日。補助金額は、新設する時は、6,000円~10,000円、季節を新設の場合は、11,000円から15,000円となっています。詳しくは、川崎市環境局環境対策部環境対策課(044)200-2519または市ホームページで。