活動レポート

環境委員会で視察しました。

2013年5月22日

DSC03622DSC03624

環境委員会で、浮島2期廃棄物埋立処分場と環境総合研究所を視察してきました。

福島第一原発事故により、本市のごみ焼却灰からも放射性物質が検出されました。そこで、平成23年7月から、ごみ焼却灰の一時保管がされていましたが、。本年4月から、新たに発生するごみ焼却灰について、放射性物質の、溶出抑制対策により、安全性が確認されたので、事故前の埋め立て方法で4月26日から、橘処理センターから発生した灰を、コンテナに積み込み、鉄道輸送を行い、浮島埋立処分場において試験的埋め立てを開始しているとのことです。現地の様子を見てきました。

今後は、他の処理センター(浮島処理センター、堤根処理センター、王禅寺処理センター)ノ焼却灰についても、ゼオライト点火施設改修工事完了後、(6月下旬)7月以降埋め立てを開始する予定とのことでした。

 DSC03628

川崎市環境総合研究所は平成25年2月1日から業務が開始されていて、大気や、水質の環境の監視、観測、分析、調査、研究などを行っているとのことです。内部を案内していただきました。 B