議会活動報告

風俗活用に関する発言に対する抗議

2013年6月5日

6月5日、川崎市議会議員 女性議員有志10人で、橋元徹・大阪市長の米軍普天間飛行場での「風俗業の活用」発言に対し、市長あてに抗議文を郵送しました。(共産党5人、民主党4人、無所属1人)全文は以下の通りです。

さる5月13日に日本維新の会の共同代表 橋元徹大阪市長は沖縄県普天間基地において米軍司令官に対し、風俗業の活用を奨める発言を行った。

現代社会の性風俗の氾濫状況下において、こういったあきれた発言は、性の低年齢化をますます助長させることにもつながる。

また、性的エネルギーのコントロールのために女性を活用するという考え方が背景に見られ、女性のみならず男性の人権をも損ない、発言を撤回したとしても世界に対してわが国の政党代表者及び首長たるリーダーが発言したという事実は消えることがない。

今後、発言には責任を持ち、言い訳などでも発言を再び繰り返さないことを要請し、女性蔑視の発言にたいして深く抗議する。