活動レポート

高崎市の中学校給食を視察しました。

2014年1月27日

 DSC04269DSC04273DSC04275DSC04278

高崎市における中学校給食について、市会議員団で視察しました。高崎市の中学校給食の取り組みの歴史と経過、栄養士の配置・調理員の配置状況、職員数、雇用形態、労働状況、特色ある献立作り、ドライ方式と衛生管理、地場産農作物の活用、環境派の配慮、放射性物質検査の実施などについて、説明を受け、訪問した高崎市立片岡中学校の給食を試食しました。メニューは、群馬県で取れたお米を50%使って作ったもちもちした触感の米粉のパン「こめっこぱん」4種類のルーを使ったオリジナルのカレーうどん、高崎市の石原町で作られたダイコンと吉井町で作られたキューリを使ったサラダ、榛名町で作られたイチゴでした。寒い日に体を温める煮込みうどんは、4種類のルーを混ぜ込んでいることから、とてもマイルドでおいしく、こめっこぱんももちもちですごくいいかんじでした。その後生徒の様子を見て回りましたが、給食準備が静かに行われていて、本を読みながら、待っている子もいました。カレーうどんをおかわりして、山盛りで食べている女子もいてほほえましく思いました。片岡中学校に配置されている栄養士さんから今日の献立について説明がありました。(栄養士になって7年目というこの方は、学校で勉強している中で、栄養士になるなら高崎市でやりたいと思っていて、夢がかなってよかったと、いきいきと話されていました)川崎も自校方式の中学校給食を早く実現しなくてはなりません。