議会活動報告

福田市長、年間1000万円の報酬で特別秘書を置く条例案を、直前に撤回する。

2014年9月9日

2014年川崎市議会第3回定例会(決算議会)が9月1日から開かれています。10月10日までの予定です。

今議会には、JA全農の土地を15億円で買う議案など51議案・報告が出されました。

子育て新制度の関連条例は先議議案として出され、石田和子副団長が代表質疑、討論に立ち、論戦しました。市長の特別秘書を置く条例案が提案される予定でしたが、初日に撤回されるという前代未聞の動きもありました。

9月11日(木)13時頃 佐野仁昭議員が代表質問

代表質問の柱

1市長の政治姿勢について

○「行財政改革・新総合計画」策定方針について

○平和首長会議の2020ビジョン推進と市内企業の軍需産業化

について

2、子育て支援策について

○小児医療費助成制度の拡充○保育所の待機児解消

○私立幼稚園の保育料補助の拡充○産後ケア事業

3、教育をめぐる諸問題について

○中学校給食について

○少人数学級の拡充

○学力テストの活用について

○市立高校教科書採択について

4、障がい者施策について

○相談事業について○グループホームについて

5、中小企業支援策について

○住宅リフォーム助成制度○商店街支援

6、雇用対策について

○市内大企業のリストラ計画について

7、木造住宅耐震改修助成事業について

8、土砂災害防止対策について

9、臨港道路東扇島水江町線の整備について

10、千鳥町再編整備計画の見直し11、羽田連絡道路

12、羽田空港の発着回数増加に伴う臨海部上空を通る新ルート

案について

告発する