議会活動報告

子育て支援拡充実る(青森市)

2015年2月19日

今朝の新聞に、青森市が18日、「中学校卒業までの子どもの医療費窓口無料化」「小学校の33人学級の拡大」「放課後児童会の拡充」「病児一時保育所の増設」など子育て支援の大幅な拡充を盛り込んだ新年度予算を発表したとの記事を見ました。日本共産党青森市議団が、議会の一般質問や市への予算要望で、繰り返し要求してきたものです。医療費無料化を求める運動にかかわってきた方からは「毎年母親たちの声を積み上げてきた運動が実を結び、本当にうれしい」と喜びの声が寄せられているそうです。

川崎市でも、これまで市民の皆さんの運動とともに市議会で要求してきた経過があり、今は小学校1年生まで無料ですが、中学校卒業までの子どもの医療費無料化を求める声は切実です。

ところが、「小学校6年生までの無料化をすぐ議会に提案します」との公約を掲げて当選した市長は、新年度の拡充は小学校2年生まで、わずか1歳分だけの引き上げにとどまっています。新年度から小学6年生まで拡充する相模原市、横須賀市、小学校3年生まで拡充する横浜市と比べても立ち遅れています。

道路ひとつはさんだお隣の東京23区では、所得制限なしで中学生まで無料化しています。川崎でも、中学生までの医療費無料化実現のため頑張ります。