活動レポート

転んで大けが、手すりを付けて!

2015年2月23日

DSC05596

  東百合丘1丁目の6番地と8番地の間にある歩道の先はゆるやかな坂になっており、階段につながっています。昨年この階段を下りてきた女性が、転んで大けがをし、救急車に運ばれるということがありました。その様子を見ていた近所の方から、「大変な事態になった。ぜひ手すりをつけてほしい」という要望があり、道路公園センターに伝えておいたところ、さっそく手すりを取り付けていただきました。