活動レポート

「三鷹の森ジブリ美術館」に行ってきました

2010年9月2日

  DSC01842 DSC01841

多摩区長尾で開園される川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムが、三鷹の森ジブリ美術館を参考にしているということなので、視察してきました。

三鷹の駅から、ジブリ行きのバスに乗り、降りるとバス停の前は、緑がいっぱいの 公園の中、平日でも親子連れで、美術館の中はいっぱいです。館全体は、木材を中心に作られていて、とても居心地がいいです。

入るとすぐに、ジブリの作品が、壁にたくさん掛っていて、目を奪われます。ほとんどの作品は、私も観たものですから、それだけでもう、うきうきしてしまいます。フイルムを動かして作るアニメの仕組みもよくわかります。作品が作られている部屋の様子が展示されていて、工程なども資料として置かれているのでよく分かり、本当に大変な作業をして、作り上げられているんだなあと感動しました。各階にトイレが設けられているのも、来場者(子ども)のことを考えられていていいですね。

子どもたちは、部屋いっぱいに置かれた「猫バス」に乗って大喜びでした。館内は、カメラ禁止だったので、屋上と外からパチリ。