活動レポート

「原子力空母いらない」横須賀集会に8,000人

2015年9月15日

DSC06013DSC06010

横須賀市ヴェルニ―公園で13日、米海軍横須賀基地の原子力空母永久母港化に反対する大集会が行われ、8,000人が参加(私も参加)しました。2008年9月25日に横須賀基地に原子力空母ジョージ・ワシントンを配備した米軍は、今年10月2日には、ロナルド・ワシントン(原子炉2基)を交代配備しようとしています。原子力空母が横須賀に配備されているということは、3千万人余りの人が住む首都圏に原発を置くに等しく、万が一の事故があれば、川崎も大きな被害を受けることになります。日本共産党の穀田恵二衆院議員が情勢報告をし、戦争法案廃案の運動とともに、原子力空母いらないの声を大きくしていこう」と呼びかけました。リレートークの後、デモ行進を行い、基地正門前で立ち止まり、「原子力空母いらない」「戦争法案今すぐ廃案」のプラカードを掲げて、コールしました。