活動レポート

子育て支援と耐震事業について渋谷区を視察

2010年9月9日

DSCF11439月9日、子育て支援として、保育料の負担軽減と、木造住宅の耐震促進補助事業を行っている、渋谷区に行って、話を聞いてきました。

渋谷区では、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、平成17年度には、中間所得層の保育料を50%から30%の減額を図るなど、渋谷区独自で、保育料体系の見直しを行い、今年の4月からは、さらに、3人目以降の児童の保育料は所得に関係なく無料に、年収400万円以下世帯の保育料無料化と、年収400万円から、年収1000万円以下の世帯の保育料を3割から、2割減額するというものです。定員2048人のうち、減額の対象となるのは、1847人とのことで、これだけでも驚きでしたが、この減額措置は、1億6800万円の予算をつけて、認可保育園だけでなく、認証保育所、保育室、区立認可外保育室をも対象としていることです。無認可保育所についても、今後検討していくとのこと。親の願いは、渋谷でも川崎でも変わりません。川崎でもこのような保育料の負担軽減が、なんとしても必要です。

木造住宅の耐震化については、耐震化を行う区民の、資金不足や、耐震化に対する意識などにより、思うような実績になっていなかったそうです。

そこで、昨年度、建築士による戸別訪問を行い耐震化を妨げている理由をつかみました。(100万円の予算で、3カ月かけて、100人の建築士が、1万棟を訪問)木造住宅簡易補強工事の事業内容は、(1)申請者の負担をなくして、区の100%助成による。(2)建物の1部屋だけを補強。(3)工事業者が、家具などの移動と家具転倒防止金具の取り付けを行う。(4) 工事期間は基本1日とし、最長2日間。

予算は2000万円、100件予定(1件約22万円)で行うことを決め、10月から開始するとのことでした。

なんと、この事業のために、新たに都市整備部防災まちづくり課を設け、取り組んだそうです。

耐震化が進まない状況の中で、区長の「柱1本でも補強できないか」との一言から考え出された事業とのこと。区民のいのちを守ることを目的として、建物の1部屋のみの補強工事に対して助成を行うものです。多くの区民によろこばれる素敵な事業だと思いました。