活動レポート

七草粥で邪気を払う?

2016年1月7日

DSC06254DSC06252

1月7日に、その年1年が健康で、平和に暮らせるようにとの意味を込めて、七草粥を食べます。正月に飲み食いして疲れた胃を休める。野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う。無病息災。などいろいろ言われています。七草粥に使われている春の七草(スズナ、スズシロ、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ)は、早春の頃、一番に芽吹くため、七草粥は邪気を払うとも言われていたそうです。

麻生区では、「あさお古風七草粥の会」の皆さんが、毎年、区役所ひろばで、おもち入りの七草がゆを振る舞ってくださいます。

DSC06255おもちを焼くのも意外に熱くて大変です。

DSC06253今年も多くの方が参加し、、消防署前まで列を作るほどの人気です。