活動レポート

新成人のみなさん、おめでとうございます

2016年1月11日

DSC06286DSC06285

  1月11日、川崎市とどろきアリーナで「成人の日を祝うつどい」が行われました。川崎市新成人、13232人(2015年10月31日現在)麻生区では1796人の方が、新成人となりました。会場には真新しい、スーツ姿や紋付き袴の青年や、きれいな振り袖姿の女性が溢れ、あちこちで、喜びの声が、はじけていました。

新成人のみなさん、おめでとうございます。

人生の門出にあたって、みなさんの前途を心から応援します。

昨年の戦争法の強行成立にたいして、たくさんの若い方々が、自分で考え、自分の言葉で語り、行動されました。主権者である自分たちが、政治を変えるという強い姿に励まされました。

新成人の意識調査では、65%の方が、「自分たちの世代が日本を変えていきたい」と答えています。

夏には、参議院選挙が行われます。日本共産党は、政党、団体、個人が力を合わせて「戦争法廃止の国民連合政府」をつくろうと提案しました。安倍政権の暴走は目にあまります。立憲主義を取り戻すことは、平和や民主主義、暮らしのすべてを守り大切にすることにつながります。

若い力で政治を変える絶好にチャンスです。共に政治を変え、希望ある未来を開きましょう。