活動レポート

川崎市予算に対する要望書を市長に提出しました。

2016年11月4日

clip_image002

日本共産党川崎市議団は11月4日、2017年度川崎市予算に対する要望書を市長に提出し懇談しました。

市子団長は、子どもの安心できる居場所が求められる中、中学校区に1か所ある「こども文化センター」を有効活用し、施設整備や職員の研修などでスキルアップを図りながら、子どもの居場所と位置付け充実するよう提案しました。市長は「こども文化センターは川崎市の貴重な財産。今後、高齢者など他の世代とかかわっていく視点も重要」と述べました。

武蔵小杉駅では横須賀線も南武線も混雑が飽和状態で危険な状況になっており、市長からも改めてホームドア設置をJRに要望してほしいと要請、福田市長は「武蔵小杉駅の混雑は異常な状況で、人身事故が起きてからでは遅いので引き続きJR東日本に要請していきます」と述べました。

他にも地震防災対策について、先日市議団が視察した熊本地震の教訓から、川崎市でも、①新耐震基準で強化された2000年以降に建築された住宅も耐震補強の対象にすること、②大規模災害時に罹災証明を円滑に発行できるよう日頃から事務訓練をしておくこと、③中学校給食の実施では震災時に食事の提供(給食の継続、避難者への炊き出し)ができるよう、しっかり協定を結び準備しておくことなどを求めました。

深刻な待機児童解消へ認可保育園の増設計画を早急に引き上げるよう求め、福田市長は引き続き取り組まなければならない課題と応じました。