ちょっと一言

川崎市の人口150万人突破

2017年4月24日

DSC07207

平成29年4月24日現在、川崎市の人口は150万人を突破し、1,500,052人となりました。麻生区は、177,149人です。

川崎市は大正13年に人口約5万人でスタートし、昭和48年に100万人を超えました。その後、昭和61年に110万人、平成5年に120万人、平成16年に130万人、平成21年に140万人になり、今回150万人を超えました。

特徴としては

・140万人を超えた平成21年と比べ、市内全区で人口が増加

・全国で人口が減少する中、出生数が死亡数を上回る自然増加が続く

・平成9年以降、転入が転出を上回る社会増加が続く

・交通の利便性の良さなどから、20歳代を中心とした若い世代の流入が多い

・他政令指定都市と比較すると、人口は第7位、自然増加数は第1位

などが挙げられるそうです。

川崎市内全区で人口が増えているとのことですが、中でも最も人口が増えている中原区、超高層マンションが林立する武蔵小杉周辺は、「住みたい街ランキング」1位に選ばれたとのことですが、駅の混雑や保育所不足などが深刻です。今後は小学校や中学校もあふれて入れなくなるのではと心配の声が上がります。市として、先を見越した計画が求められます。

150万人を突破した記念に「150万人年記念マーク」が作られました。