活動レポート

大阪市・岡山市・神戸市に視察に行ってきました

2017年4月17日

4月17日・18日にかけて大阪市・岡山市・神戸市に視察に行ってきました。

大阪市の調査項目は、

①大阪市の中学校給食、学校調理方式への移行事業について

②大阪市の小児医療費助成制度、通院対象18歳への拡充について

③大阪市淀川区の「LGBT支援宣言」と取り組みについて

中学校給食については、調査で聞きたい項目として、

事業計画、移行する理由、目的、事業費、遺構にあたっての課題、デリバリー方式で実施の問題点と見直しの経過、喫食率の推移、生徒・保護者の意見要望などを前もって伝えておいたので、大阪市教育委員会からは、まとめて報告していただきました。

1、これまでの経過・・・・大阪市では、これまで、弁当箱によるデリバリー方式により家庭弁当との選択制で実施したが、アンケート調査等により、多くの保護者が選択制ではなく全員喫食を希望していることや給食を食べずに市販の弁当やおにぎり、パンといった簡易な食事で済ます生徒が依然として多数いることから、平成26年度から全市的に全員喫食を導入することとし、平成29年度にかけて段階的に移行しているとのことです。

2、デリバリー方式の課題・・・・温かい給食の提供に限界があり、アンケートによると、残す理由として「おかずの冷たさ」が多い。また、分量調整やアレルギー等にも柔軟に対応できないことが課題となっている。保護者の大多数が親子方式や自校調理方式を希望している。

3、学校調理方式への移行について・・・・平成27年に自校調理方式で実施している学校では、温かい給食を提供し、分量調整、アレルギー党に柔軟に対応でき、結果として生徒の喫食状況が向上している。そこで、小学校の給食室を使った親子方式と自公調理方式を組み合わせた「学校調理方式」へと移行することとしたとのことです。

当日の質問にも答えていただきました。

現市長が、平成32年中に仕上げたいとの考え。中学校に給食室をつくるところ(19校)については栄養士を配置する。先生方の研修も行っている。給食のメニューは小学校と同じ、中学校は1,3倍の量にしているがカロリーが少ない時は1品増やしている。エレベーターのあるところは使用している、生徒はあくまで平行移動。配膳員は多い所で4人、原則2名。センターにしなかったのは、工場扱いになるため、場所がない。センターを作るのに時間がかかる。デリバリーの時には残渣が16%~25%だったが、親子方式では15%

小児医療費助成制度については、

現行制度とこの間の制度変遷(助成対象年齢、所得制限緩和、一部負担金など)今後の拡充、通院助成を18歳まで拡大する理由、助成対象人数の増加、事業費、子育て世代・市民の反響・要望などについて伺いました。

現在は、入院・通院各1日当たり500円以内で月2日を限度に自己負担あり、自己負担の上限額は、月2500円、この額以上は申請により、払い戻しができる。補助対象は15歳まで、(大阪府が6歳まで補助対象としている。)

大阪市は12歳まで補助、15歳までは緩和措置。

市では、平成23年11月分から0歳~2歳までの所得制限を撤廃、平成27年11月から3歳~12歳までの所得制限を撤廃しました。そした、今回、平成29年11月から16歳~18歳まで対象年齢を引き上げる予定とのことです。

所得制限撤廃については、何より父母の要求が強かったこと、また、子ども施策の打ち出しで若者(子育て世代)をよびこみ、若者世代の定着(税収入も)を見込んで打ち出した施策とのことです。

18歳までの助成拡大、12歳までの所得制限撤廃すばらしいです。

川崎でも所得制限の撤廃は父母の強い要望になっています。1歳から6年生までの全体で27,360人が助成を受けられません。所得制限の撤廃、中学校卒業までの助成拡大、窓口一部負担の撤回は急務です。

大阪市淀川区の性的マイノリティーをめぐる取り組みについて

①2013年に出された「LGBT支援宣言」について

宣言までの経緯、その後の取り組みの内容(住民への普及啓発活動、当事者アンケートの実施など)その後、要綱や条例制定の動きはどうか。

②LGBTについて市職員への職場研修の内容

③教育現場における取り組みについて(教職員向けハンドブック作成、児童生徒への教育内容、教員・児童生徒らの受け止め)

市職員への研修については課長以上が研修を行い、いずれ全員に行う予定。教職員については、3年前の話し合いでは全く受け止められなかったが、最近は、議会での質問や、学校からの講演の依頼が出始めている。(教員の受け止めは大きな反応があり、教室の中に対象となる子がいることについて真剣にならざるを得ない。)イベントなどで分かったこと学んだこと(LGBTは身近な存在であり、人口の5%~7%いる。自殺願望が強いことや、いじめ、偏見で苦しんでいる)他に、トイレの問題、体育の授業、スカート・ズボンの着用についていろいろ意見質問が出ました。