活動レポート

京都動物愛護センターを視察しました。(健康福祉委員会)

2017年5月11日

5月11日は京都動物愛護センター「動物愛ランド・京都」を視察しました。京都府と京都市が共同運営する、京都動物愛護センターは平成27年4月に開所、工場地域ではありますが、緑に囲まれたとても環境のいい場所にありました。敷地の中にはドッグランもあり、365日開放しているそうです。この日は収容されている犬が元気に走り回っていました。民家が数件あるだけという立地条件がいいので、苦情については、あまりないとのことでした。

センターでは、飼い主のいない犬や猫の収容、管理を行い、譲渡を行っています。(ここでは譲渡はしていますが、ふれあいは行っていません)

補助金は、国から29500万円、府から8500万円、市から10700万円、ニューデール補助金(太陽光、LED、地中熱)9260万円が出ているそうです。光熱費や医薬品については、府と市で折半しています。

センターでの診療は昼間のみ、夜間は、京都市が、獣医師会から2400万円寄付していただき、作った診療所で行っているそうです。