活動レポート

「共謀罪」強行採決に怒り

2017年5月19日

5月19日、自民、公明、維新の3党が、国民の内心を処罰する「共謀罪」法案を衆議院法務委員会で強行採決しました。「共謀罪」法案は、日本国憲法が保障する思想・良心の自由、表現の自由などを侵害する違憲立法です。

政府が持ち出す「テロ対策」という口実が成り立たないことが明らかになっているにもかかわらず、審議途中で、維新の議員が、「これ以上の質疑は必要ない、直ちに採決を」などと発言し、委員会が騒然とする中で、「採決」が強行されました。国会周辺では、多くの市民が抗議集会を開き、怒りのコールを行いました。

夜、国会正門前には9,000人以上の参加で、大規模抗議が行われました。

全国各地でも「今、声を上げないと大変なことになる」と抗議の街頭演説や宣伝などが取り組まれました。

私も午後3時から新百合ヶ丘で行われた「戦争法Stop!あさお市民共同行動」に参加し、「共謀罪強行採決は許せない」との声を上げ、署名をお願いしました。署名をしていただいた方々からは、「安倍首相のやろうとしていることは本当に怖い」「何が何でも反対です」「スマホもできなくなるのでは困る」「監視社会になるのではないか、そんなことは許せない」と怒りの声が寄せられました。

宣伝行動の後、私は桜木町で行われた志位和夫委員長の街頭演説に向かいました。委員長は、「共謀罪」法案の強行について、「強い怒りをもって抗議したい」と話し始め、強行採決された様子や共謀罪の内容について詳しく話されました。ほかにも、安倍首相の9条改憲発言、森友・加計学園問題、核兵器禁止条約の国連会議参加の報告などがありました。「戦争する国」づくりと一体となった監視社会づくりを許さない「共謀罪」を何としても阻止するための世論と運動を広げなくてはならないと強く思います。