活動レポート

どんど焼きで無病息災を願う

2018年1月15日

clip_image002clip_image004clip_image006

clip_image008clip_image010

毎年恒例のどんど焼きが、1月14日は14か所で行われました。お天気も良く日曜日ということもあってか、どの場所もたくさんの方が集まっていました。どんど焼きは、お正月ん飾りや門松、しめ縄、書き初めなどを火にくべて焼き払う日本の伝統行事。私は、朝8時から行われる金程小学校のどんど焼きに参加し、地元の麻生水処理センター等を回り、最後は岡上の神社で終わりました。

金程小学校のどんど焼きでは、初めて、棟の中に入れていただきました。中は、竹を編み込んで立派に組み立てられており、20人ほどが入れるほどの広さがあり、真ん中で、火を起こしていました。充分人が住むことができるほどの作りで、燃やしてしまうのがもったいないと思うほどです。岡上の田んぼでは、昔ながらの、ミツマタにお団子を刺している人が多く(聞くところによると、一人で70本も作ってみんなに配ったとのことです)今年は、参加者が多いと主催者の皆さんが喜んでいました。焼けたお団子を食べると今年1年風邪をひかないからと、無病息災を願って、お団子を焼くそうです。