活動レポート

第6期麻生区区民会議に参与として参加

2018年5月15日

clip_image002

第6期麻生区区民会議が、5月15日行われ、2年間の取り組みをまとめた第6期麻生区区民会議報告書(案)について意見を出し合いました。麻生区区民会議では、これまで、子育てフェスタや地域人材育成連絡会議の活性化、防犯パトロールの支援の検討(ベストや腕章等の貸与)冊子「あいさつが交し合える地域づくり事例集」の作成、「いこいの家」「いきいきセンター」の愛称の選定、家具転倒防止器具の設置など、具体的な取り組みを数多く行ってきました。

区民会議は、これまで6期12年にわたり調査審議をしてきましたが、この間に地域包括ケアシステム推進ビジョンや区役所改革の基本方針が策定される等、取り巻く環境が変化したことや、期を追うごとに審議テーマが細かな地域課題から、区全体の課題になる傾向があることを踏まえ、平成30年度以降一旦休止することとなっています。区民が主体となってまちの課題解決に向けて検討する麻生区の「区民会議」も6月をもって休止します。(すでに3月で休止している区もあります)

今後の「新たなしくみ」については、これまでの区民会議の成果を踏まえ、引き続き区民の参加と共同による形態としていくとのことです

委員の皆さんからは、「貴重な経験が出来ました」「多くの方と知り合うことができました」「区民会議が終わっても、これから同じような取り組みがあれば、参加したい」「新しい仕組みの中に引き継ぐことができればうれしい」などの意見がたくさんありました。