議会活動報告

上麻生7丁目の緑地が保全されます。

2018年9月24日

image

  麻生区上麻生7丁目でかねてより保全が望まれていた8,700平方メートルに及ぶ緑地が保全される方向性が出てきました。10年以上前から請願や陳情も4回にわたって採択や趣旨採択され、大きな市民運動になったことから、市の担当者も繰り返し交渉に当たってこられました。2018年度第3回川崎市議会定例会の代表質問で、現在の進捗状況を伺いました。建設緑政局長は「当該緑地の保全については、平成18年から30回を超える交渉を所有者と行ってきたところです。今年度に入り、所有者から特別緑地保全地区の指定への理解をしていただき、現地調査などの協力が得られたことから、現在、指定に向けて調整を進めているところです」と答弁されました。この場所は、柿生中学校そばのおっ越し山ふれあいの森、王禅寺源内谷公園、柿生の里特別保全緑地からつながる貴重な緑の緑地です。保全されることになり、緑地保全を願ってこられた方々からは、喜びの声が上がっています。