活動レポート

川崎市2019年度予算案を考える予算学習会を行いました

2019年2月20日

clip_image002clip_image004

川崎市の新年度予算が発表され、この予算案を審議する3月議会が2月12日~3月15日まで開かれています。川崎市の2019年度予算案で、一般会計当初予算は7591億円。5年連続で過去最大の規模となっています。市税収入も3637億円と6年連続過去最大。個人市民税が111億円の増、法人市民税も15億円の増、固定資産税が24億円の増といずれも堅調に推移していますが、その一方で、不要不急の大規模事業に巨額の予算が計上されています。新年度予算案の特長を市古てるみ団長が報告し、参加者と各議員が意見交換する予算学習会を2月20日に開催しました。川崎市議会議院選挙に当たっての日本共産党の基本政策も発表しています。