活動レポート

麻生区消防団12班が、日ごろの成果を競い合いました。

2019年6月3日

clip_image002

令和元年度麻生消防団のポンプ操法大会が、6月2日に、麻生水処理センターで行われました。麻生区消防団12班が、日ごろの成果を競い合いました。消防団の皆さんは、いざという時に備えて、仕事が終わった後の平日の夜や、休日に集まっての訓練で、家族の協力なしには続けられません。本当に大変な活動です。ありがとうございます。

麻生消防団は、現在、定員168名のところ、160名が参加していて、そのうち、女性消防団員は16名です。団長は土方茂さん、副団長は、越畑好夫・小泉治信さんの元、麻生東分団・柿生分団・東柿生分団に配属、12班で構成されています。

出場者は、指揮者、1番員、2番員、3番員の4人で競い合います。

競技結果は、優秀賞に柿生分団上麻生班、優良賞に東柿生分団下麻生班、最優秀指揮者に東柿生分団岡上班の高松慎太郎さん、最優秀1番員に、柿生分団上麻生班の武井一広さん、最優秀2番員に、柿生分団栗木班の小林宏多さん、最優秀3番員に東柿生分団下麻生班の河原田崇行さんが、表彰されました。おめでとうございます。

clip_image004 clip_image006