議会活動報告

市税の使い方を厳しく審査

2019年9月26日

clip_image002

2019年川崎市議会第4回定例会が、9月2日から10月11日まで行われました。日本共産党は代表質問で、消費税増税について、人権条例素案について、幼児保育・保育の無償化について、小児医療費助成制度の拡充について、小中学校の体育館への空調設備設置について、障がい者スポーツ施設について、加齢性難聴者の補聴器購入助成について、国民健康保険料均等割り分の減免について、正規労働者の雇用を拡大する対策について、防災対策など、市民の要求実現のため、質問を行いました。

決算審査特別委員会では、私(勝又光江)は、防犯灯LED化ESCO事業について、こども文化センターの施設整備について、産後母子ケア事業及び産婦健康診査について、小中学校の特別教室への空調設備について、学校司書配置事業について、教職員の働き方について質問を行いました。