議会活動報告

水処理センターの設備改修

2009年7月24日

川崎には4か所の水処理センターがあります。15年の耐用年数が経過したことから設備の更新が始まっています。センターの上部は多目的広場として池、庭園、遊歩道や広場があり、多くの市民に利用されています。
ところが、今年1月、緑の広場でおこなわれた、どんと焼きの際、外灯の根元が腐食して危険だという声がよせられました。すぐに建設センターに連絡したところ、補修され大事に至りませんでした。緑の広場では少年野球もおこなわれていることから、今回の議会では、水処理センター内のすべての外灯の安全について点検と維持管理、更新についてただしました。答弁では、週1回巡回の時、見て回っているとのことでしたが、目視だけでなく、丁寧な検査を求めました。さらに、28本の外灯の更新については3,4年先になるとのことでしたので、一気に更新する必要があることを要望しました。