活動レポート

麻生不動院とダルマ市

2022年1月18日

clip_image001 clip_image002

麻生不動院は嘉永2年に王禅寺の末寺となり、木賊(とくさ)不動とも呼ばれ、火伏せの不動として人々に信仰されています。毎年1月28日には、ダルマ市が立ち多くの人々で賑わいます。昨年はコロナで中止となりましたが、今年は出店を半分にして行なわれました。人出は少なかったですが「中止にならなくてよかった」と買い物を楽しんでいました。だるまを買い求めた店からは「商売繁盛、家内安全、ヨヨイノヨイ!」の掛け声がかかっていました。