議会活動報告

自然教室の中止・延期を教育長に申し入れ

2022年2月7日

clip_image002

日本共産党川崎市議団は2月7日、市立中学校の自然教室の中止・延期を求める緊急申し入れを小田嶋満教育長に行いました。

コロナ感染の急拡大により市立学校の学級閉鎖などが続出しています。しかし、川崎市立中学校1年生を対象にした八ヶ岳少年自然の家での「自然教室」(2泊3日)は継続されています。

申し入れでは、自然教室では、バスでの移動や睡眠、入浴時など狭い空間を共有する機会が重なること、自然教室を終えた学校の教職員や保護者などから、「就寝時、寒さのため窓を開けたままでの換気ができず換気扇などの設備もないため、教職員が徹夜で巡回して換気するしかない」「一部屋に8人、16人の生徒が頭の向きを互い違いにして寝るが、それでも詰め込み状態で感染対策としては不十分」などの声が上がっていることを指摘。さらに、「頭痛や発熱、嘔吐などがあり、途中で複数の生徒が帰宅した」「スキー教室中も、入れ替わりで何十人もの生徒が控室に体調不良を訴えてやってきた」との事実も報告しました。

その上で、貴重な学習と体験の機会が失われるのは心苦しい限りですが、児童生徒や教職員とその家族などの命と健康にかえることはできないとして、自然教室にかわる行事を計画するなど柔軟な対応を行い、コロナの感染が続く中での自然教室は中止・延期することを強く求めました。

小田嶋満教育長は「方針としては今まで通りと考えているが、いろいろな声があることは受け止めていきたい」と答えました。