活動レポート

全日本年金者組合川崎支部協議会と懇談しました

2022年7月12日

LINEで送る

★DSC_0244

   7月12日、日本共産党川崎市議会議員団は、全日本年金者組合川崎支部協議会と懇談しました。各行政区から4名の方が参加され、以下の要望が出されました。

1. 難聴者のための補聴器購入助成制度を創設すること

2. 高齢者の閉じこもり防止と外出の自由を保障し、社会と繋がるうえで欠かせない高齢者フリーパス、高齢者特別乗車証の維持・継続、北部地域のバス路線増設・増便、丘陵地域のコミュニティバス増設、バス路線のない地域でのタクシー券配布など外出支援事業の拡充

3. 高齢者が気軽に寄り合える憩いの施設や、飲食を含めて多人数の催しができる集会所を各区に設置すること

4. 安価で利用できる公的介護施設の建設

以上の要望が出され、懇談しました。

補聴器購入助成制度の創設の要望に関しては、「年齢的に若い段階から着けることができるようにしてほしい」とのことでした。助成制度の早期実現に力を尽くしたいと思います。