活動レポート

かもい洋子さん応援

2011年3月26日

神奈川県知事選で共産党が推薦する、かもい洋子さんの応援演説。新百合ヶ丘駅周辺は風が強く、耳が痛くなるほど。聴衆も立っているのが精一杯という状況でした。

私は、被災された方々にお見舞いを申し上げ、被災者救援と復興のため全力をあげることや、市会議員として取り組むべき救援活動と市民の生活を守るための支援について市や区に申し入れたことをはなしました。

今こそ「住民の福祉を守る」という自治体本来の原点を発揮すること、防災計画を見直し、普段から医療・介護・福祉・子育て支援に力を入れた施策を強めることが必要ではないかと訴えました。

1000億円もかける船の来ない港の大開発をやめて、その予算を福祉・防災にあてること、住民の暮らしの安全・安心を優先した市政に切り替え、災害に強い街づくりをするために、国・県・市各自治体が心ひとつに取り組むことが、今ほど求められるのではないか、ともに力を合わせましょうと話しました。