活動レポート

公園の放射線量を測定

2011年8月20日

DSC02241 東京電力第一原発の事故による放射能汚染で健康への不安が広がるなか、共産党市議団は、専門家の協力を得て子どもの遊び場、公園などを中心に、放射線測定を行いました。麻生区では、7月2日に7か所と、8月1日に14か所で測定を行いました。ホットスポット(放射線がたまりやすい草地、滑り台の下、砂場遊具の下)も調べました。7月27日には、健康・安全など、市民の不安にこたえる当面の対策を市長に申し入れました。また、8月18日、平間公園の児童プールの管理事務所脇から、高レベルの放射線量が測定されたこともあり、8月19日には、2回目の申し入れを行いました。(申し入れ全文、市議団が行った全区の放射能測定結果については、市議団のホームページをご覧下さい)