活動レポート

3回目の放射能測定

2011年10月11日

DSC02451日本共産党川崎市議団は、6月末から市内の公園や子供の遊び場、緑地などで放射線測定を行っています。麻生区では、10月11日に、3回目の測定を行いました。今回は、麻生台(4カ所)、はるひ野(7か所)、片平公園(3カ所)で行いました。数値は、いづれも国基準の0・19以下であり、すぐに、除染をしなくてはならない数値ではありませんでした。秋の草刈を控えている麻生台団地では、管理組合理事長と住民の方が立会い、管理事務所前広場、草地、グランド中央、側溝の汚泥などを測定。はるひ野地域では、事前に測定のお知らせビラを配布していたので、各公園には若いママたちが子ども連れで、測定に立ち会いました。片平公園でも、待ち合わせていたママに立ち会っていただきました。測定は、日本大学の野口先生からお借りした測定器で、地上5センチ、50センチ、1メートルの3段階で、それぞれ10回測定しています。(1回目2回目の測定結果については、市会議員団のホームページに掲載しています)